目からウロコの歯の話

第18回 誤った歯科治療で頭髪がごっそり抜け巨大な円形脱毛症…入れ歯不調で虫歯や歯周病の危険 文=林晋哉/歯科医師

円形脱毛症は、頭髪の一部が円形に抜けることが主な症状で、原因は精神的なストレス、ホルモン異常、遺伝、自己免疫疾患などが挙げられています。頭髪だけではなく全身の体毛に及ぶこともあるそうです。

いい歯医者・悪い歯医者, 目からウロコの歯の話

今年の歯科医師国家試験に合格し、晴れて歯科医師の仲間となった私の母校の新卒歯科医師達が林歯科を訪れて来ましたので良い歯科医師になるためのミニレクチャーをしました。
 

良い歯科医師のツボ・・

良い歯科医師になるためのツボは沢山あるのでしょうが、それは各自が経験を通して消化していくしかありません。 ...

目からウロコの歯の話

「目からウロコの歯の話」林 晋哉 | Business Journal第17回 2歯列矯正やマウスピース矯正で「噛み合わせ」がメチャクチャ…物が噛めなくなる事例多発

筆者のクリニックに、成人矯正後の不具合を訴える初診の患者さんが来ました。主訴は、「奥歯が当たらず物が噛めない。顎をどこにやったらいいかわからない ...

目からウロコの歯の話

8020運動開始から23年後

前回の「8020(ハチマルニイマル)運動の本質 | その1」から続きます。平成23年「歯科疾患実態調査報告」では70歳代での平均喪失歯数は約11本で、親知らずを除けば70歳代で残っている歯の数は17本となり、現実的に70歳代で歯を20本残すのは難しく、実際に80歳で20本以上歯の残って ...

目からウロコの歯の話

8020(ハチマルニイマル)運動

皆さんは、8020運動というものをご存知でしょうか? 8020運動は平成元年に厚生省と日本歯科医師会により推進され始まり、平成12年には8020推進財団が設立されるに至りました。

この財団のホームページによれば、「歯科に関係のある各種団体、企業の協力のもと平成12年12 ...

PAGE TOP