インプラント, 目からウロコの歯の話

トラブル絶えない「歯科インプラント」 患者が減り、このままでは「日本から消える」?
 【Jcast 記事】

2011年12月の国民生活センターによるインプラント危害への注意喚起、2012年1月のNHK「クローズアップ現代」でも”歯科インプラント治療のトラブルが急増”の特集が放映され、

インプラント, 目からウロコの歯の話

時々こうした封書が届きます。

週刊朝日の別冊で  ”「いい歯科プラント治療医」を選ぶ 2013 ”と銘打ったムック本を出版します。ついては先生とクリニックをしませんか?という勧誘の手紙です。掲載料は¥130,000~¥1,800,000とピンキリです。この手の勧誘は郵便だけでなく、電話も時たまかかって ...

インプラント

この記事も12年前のものです。タイトルのインプラント(人工歯根)の根本的な欠陥は今も解消されていません。近頃は『インプラント治療をしないという判断力』  が求められるようになっているのが実情です。それを前提に12年前の記事をお読み下さい。

最近、インプラント(人工歯根)と呼ばれる治療法が注目

インプラント, ハヤシ・ジャーナル

『本家かまどや社長、インプラント失敗で歯科医を提訴 一生もつとの説明も 』

神戸新聞 

”人工歯を埋め込む「インプラント」手術の失敗で新メニューの試食ができなくなったなどとして、大手弁当チェーン「本家かまどや」(本社・神戸市)の創業者、金原弘周社長(68)が神戸市内の男性歯科医師に対し、慰 ...

PAGE TOP