インプラント, ハヤシ・ジャーナル, 実録!インプラント治療をめぐる医療裁判, 目からウロコの歯の話

我々原告側の予想を超えた判決がなされました。
 
インプラント治療をめぐる医療裁判は、その後やり取りは数度続き、その間に和解の検討もされました。その際の条件が被告が原告に和解金として雀の涙的な金額を示し、それを支払うかわりに、今後、被告歯科での原告の治療に関する一切の異議、紛争を起こさないこと及び ...

インプラント, ハヤシ・ジャーナル, 実録!インプラント治療をめぐる医療裁判, 目からウロコの歯の話

2、当該医師のカルテ記載について

Ⅲ.により、カルテとは、診療行為が為された時に、遅滞無く施術した順序でその内容が記載されなければならないものであり、その内容は、「何を、どのように評価し、どのような処置をし、どのような経過で、どのようになったのか、そしてその結果に基づき今後どのような方針で臨むべきか。 ...

インプラント, ハヤシ・ジャーナル, 実録!インプラント治療をめぐる医療裁判, 目からウロコの歯の話

(前回までの)経緯の中で、原告側の協力歯科医として、そのカルテ分析に携わったメンバーの連名で意見書を裁判所に提出するわけですから、自然と力が入ります。その意見書の実際を提示したいとは思うのですが、さすがにそれは差し障りがあると思われますので、その抜粋を書き出します。

意  見

基本的事項

インプラント, ハヤシ・ジャーナル, 実録!インプラント治療をめぐる医療裁判, 目からウロコの歯の話

2. 裁判から判決までの大まかな経緯。

こうして訴訟に至りました。提訴後は通常の流れに乗り、双方の書面のやり取りを裁判所を通して行いました。

まずは、こちらの請求の正当性を保証する証拠の更なる補完のための作業です。まず始めに現時点での原告の口腔状況の診断、これは私が行いました。器質的な歯や ...

PAGE TOP