噛み合わせ

一流スポーツ選手には反対咬合(いわゆる受け口)が多い。NYヤンキースの松井選手もその一人。

上の歯(顎)より下の歯(顎)が前に出ているので、インタビューでの口元を見ていると、下の歯しか見えない。

他にもゴルフの丸山選手、柔道の篠原選手、極めつけは元気の象徴アントニオ猪木さん。

噛み合わせ

一番大切なのは、気にし過ぎない事。成長期を過ぎてから見た目を整えるだけの矯正は大変危険です。

 

残念ながら、矯正医で噛み合わせ(咬合)を正しく理解している人は殆どいません。機能を保ちながら、歯を移動させる事は不可能と言っても過言ではありません。

歯列矯正によって噛み合 ...

噛み合わせ

「噛み合わせ」と「歯並び」を同一のものと混同していませんか?実は「噛み合わせ」と「歯並び」は分けて捉えなければいけません。

世間で言われている「歯並び」というとまず、前歯の事ですね。特に上の前歯、正面から見える部分が揃っているか、いないか。つまり、『歯並び=見た目』が一般的な認識でしょう。

PAGE TOP