インプラント, 目からウロコの歯の話

時々こうした封書が届きます。

週刊朝日の別冊で  ”「いい歯科プラント治療医」を選ぶ 2013 ”と銘打ったムック本を出版します。ついては先生とクリニックをしませんか?という勧誘の手紙です。掲載料は¥130,000~¥1,800,000とピンキリです。この手の勧誘は郵便だけでなく、電話も時たまかかって ...

目からウロコの歯の話

これは12年前の新聞連載です。

当時と比べると、虫歯治療は必要以上に歯を削らない傾向になっていると思いますが、歯を守るための方法は相変わらず歯磨き一辺倒で、噛み癖の是正や正しい噛み方の指導をする歯科医は一向に増えていません。

歯磨きメーカーもテレビCMなどで、歯磨きの効能と一緒に「噛み癖を ...

目からウロコの歯の話

整形大国・韓国のアゴ整形に深刻な後遺症多発!

”整形大国と言われる韓国では、女性の両顎(上顎と下顎)手術が美容整形として人気上昇し、年間5000人程が手術を受けており、患者の増加と共に下顎の麻痺などの後遺症が増えていると、朝鮮日報が報じている。”
とのニュース。

韓国程で

目からウロコの歯の話

もう30年近く前の話ですが、勤めていた歯科医院には、毎月の親知らずの抜歯数の目標数値があり、1本抜歯するたびに小さなホワイトボードに”正”の字を記入していました。埋伏など難しい抜歯は大学から口腔外科の歯科医に来てもらって、「外科の日」を設けていました。なぜこうしていたかというと、保険点数が高く収入を増や

PAGE TOP