目からウロコの歯の話

写真の新聞では記事の見出しが”顎の成長欠かせぬ永久歯”となっていますが、乳歯から永久歯へと変わる際の注意や、よく噛む習慣の付け方など記してあります。

また、記事とは別ですが同年齢(小学1~2年生くらい)のレントゲン写真のアップも載せます。乳歯の下にはすでに永久歯が出来ていて乳歯との交換を待っています。 ...

目からウロコの歯の話

主に乳歯で咀嚼する6歳くらいまでは、心身の成長度合いもダイナミックな時期です。後続の永久歯は乳歯の下ですでに埋まっていますので、よく噛む刺激も伝わっています。

よく噛むことは日頃意識して行う事で、身につけるものです。虫歯予防と同等に大切なことです。虫歯治療も後続の永久歯のことまでを考えた治療

目からウロコの歯の話

人間は哺乳類ですから、生まれてしばらくの間は母親の母乳で育つのが自然です。乳歯は生え揃い咀嚼出来るまでは母乳育児が理にかなっています。消化器系のシステムも母乳の消化が一番適しています。早い離乳は食べ物を噛まずに飲み込む悪い癖を覚えてしまい良いことはありません。

母乳育児と子供の歯並び

目からウロコの歯の話

「歯のばんそうこう」で虫歯にさようなら?日本の研究者が開発   

友人から興味深いニュースを教えて貰ったので、今日の「らくらく健康術」はお休みで、このニュースのお話です。

“1つ1つの歯を虫歯から守ったり、より白く見せることのできる極薄の膜を、近畿大学生物理工学部の本津茂樹教授 ...

PAGE TOP