目からウロコの歯の話

Goldは大昔から歯の修復材として使われてきた。 歯の修復には歯と同じ硬さの物がベスト。歯より硬い物はだめ。 20K(カラット)位が一番歯の硬さに近い。その人の歯の質や噛癖に応じて22Kを使う場合もある。 歯科用ゴールドは純度も高く、カラットの調節に使う割金の質も装飾用の比ではない。 保険の金属はそのゴールドの代用金属 ...

目からウロコの歯の話

虫歯を削った後に詰めたり被せたりする材料はいろいろある。 大切なのは、材質の硬さ。 歯と同じ硬さかベスト。 歯より硬い物はだめ。 長い間に全ての歯は摺り減るもの。一緒に減っていかないと、噛み合わせのバランスを乱す。 歯より硬いセラミックは最悪。 硬すぎる。 歯の色を再現する必要がある場合はハイブリッドセラミックスを。 ...

目からウロコの歯の話

噛む回数を増やすためにはどうすればいいか? よく硬いものを食べなさいと言うがこれは現実的ではない。急に言われても「硬くて食えない」のが本音。 では、どうすればよいか? 手っ取り早いのはガム(糖分のないもの)とスルメなどの乾きもの。食生活はなかなか変えづらいので、食事以外にガムやスルメを噛んで、1日の噛むトータル回数を上 ...

目からウロコの歯の話

マクドナルドとカップヌードルの誕生が奇しくも同じ1971年(昭和46年)。 高度経済成長を遂げ食文化も大きく変わった。その象徴としてマックとカップヌードルが挙げられる。 双方に共通するのは食感の柔らかさと、水分を同時に摂取する事。マックはコーラと、カップヌードルは言わずものがな。 ジャンクフードの栄養の偏りはご存知の通 ...

PAGE TOP