歯並びと矯正【ダイジェスト】

子供の矯正 – 安全で痛くない歯列矯正

子供(成長期)と大人の歯並びは分けて考えなくてはいけません。

子供の歯列矯正(交換期の注意)小学生の6年間は、乳歯から永久歯へと生え替る時期と重なります。

永久歯は乳歯よりも大きいので顎の成長に沿って一本一本時間をかけて、ゆっくり交換し・・・ 【子供の歯列矯正(交換期の注意)】


大人の矯正 -(ES法(Easy Smile System)
ES法(Easy Smile System)とは噛み合わせを全く変化させずに、気になる歯並びの乱れを改善する林歯科オリジナルの新しいシステムです。【(ES法(Easy Smile System)の詳細はこちらをクリックして下さい】


歯科矯正の副作用
顎運動(物を噛む時の顎の動き方)はひとりひとりが長い年月を経て作り上げ、獲得した独自のシステムで、年を重ねるに連れ身体の他の器官と連携しながら 緩やかに変化(老化)してゆくものです。しかし、残念な事に、虫歯や入れ歯などの歯科治療が噛み合わせ(顎運動)を急激に・・・【歯列矯正の副作用の詳細はこちらをクリックして下さい】


歯列矯正慎重に
「見た目優先」で頭痛や肩凝りも他器官とバランス大切、信頼できる歯科医選びを」 歯並びをきれいにし、美容や健康にも効果があると言われる歯列矯正。ところが間違った矯正を受け、頭痛や肩凝りに悩むようになったという人も少なくない。「見た目優先の矯正が原因」との指摘も・・・【読売新聞掲載記事】


歯の矯正 大人も必要?
一方で、「大人の歯列矯正は百害あって一利なし」と言う歯科医もいる。東京都中野区((現在千代田区に移転)で開業している林晋哉歯科医師もその一人。「歯並びが悪くても、数十年かけてかみ合わせができている。矯正で急激に噛み合せを変えるのはかなりリスクがある」さいたま市の歯科衛生士の女性(40)は・・・【朝日新聞掲載記事】



PAGE TOP