インプラント危害をなくすための提言, 一生使える入れ歯, 入れ歯(一生使える入れ歯), 良い入れ歯

筆者が歯科医となって30年、歯科の世界も筆者の歯も様変わりしました。

筆者が歯科医となって30年、歯科の世界も筆者の歯も様変わりしました。

歯学部を卒業と同時に、「噛み合わせと全身」の勉強を始め、10年後の1998年に『いい歯医者、悪い歯医者-噛み合わせが狂えば、命も危ない』(クレスト社)を著しました。

「一本の歯が人生を狂わせる」をテーマに、かみ合わせと全身の関わりや、安易に歯を削ったり、歯列矯正で歯を動かすことの怖さ、勉強不足の歯科医や歯科技工士の多い歯科業界の問題点などを訴えました。

「かみ合わせが悪いと頭痛肩こりなどの原因になる」ことは今では多く ...

一生使える入れ歯, 入れ歯(一生使える入れ歯)

入れ歯は合わないものと思っていませんか?

この上顎の状態(写真1)に、↓ の部分入れ歯が入っていました。

写真2

写真3

● これは当歯科で作り替えた部分入れ歯を入れたところです。(透明な材質を使用しているので、自然な歯肉の色が透けて見えています。)

ここで一つ疑問が沸き上がります。

「なぜ、同じ人の同じ状態の口に、全くと言って良い程違う入れ歯が入っているのだろう?」(写真2と3を比較して下さい。)

基本的には、「同じ人の入れ歯はどこで作っても同じ入れ歯が入る。」筈だと思うのですが………。

残念ながら、現状の入れ歯作りは ...

一生使える入れ歯, 入れ歯(一生使える入れ歯)

歯が抜けるのはあなたのせいではありません。

平均的に日本人の歯は男女共に50才頃から歯が抜け始めます。と言っても一度に何本も抜けるのではなく、年齢を重ねるごとに一本、また一本と抜けてゆきます。65歳を過ぎる頃から抜ける時間的な間隔が早まり、80歳で6割強の人が総入れ歯を使う様になります。

個人差はありますが、加齢と伴に歯を失う事は老化現象であり、避けられないのです。歯磨きなどの手入れの悪さなど、自分のせいにする人が大多数ですが、そんな事はありません。遅かれ早かれ歯は抜けてゆくものなのです。歯が抜けるのはあなたのせいではないのです。

しかし、抜けたままにしておいてはい ...