一生使える入れ歯

歯が抜けるのはあなたのせいではありません。

平均的に日本人の歯は男女共に50才頃から歯が抜け始めます。と言っても一度に何本も抜けるのではなく、年齢を重ねるごとに一本、また一本と抜けてゆきます。65歳を過ぎる頃から抜ける時間的な間隔が早まり、80歳で6割強の人が総入れ歯を使う様になります。

個人差はありますが、加齢と伴に歯を失う事は老化現象であり、避けられないのです。歯磨きなどの手入れの悪さなど、自分のせいにする人が大多数ですが、そんな事はありません。遅かれ早かれ歯は抜けてゆくものなのです。歯が抜けるのはあなたのせいではないのです。

しかし、抜けたままにしておいてはいけません。食事がしにくいばかりではなく、残った歯にかかる負担が大きくなり、益々歯の寿命が短くなってしまいます。

大切なのは歯の抜けた部分を正しい入れ歯で補って噛む能力を維持する事です。

抜けた部分を正しい入れ歯で補いバランスよく噛む事で、残った歯の過負担を防ぎ歯の寿命を延ばす事にも役立ちます。

よく噛んで食べる事は健康の源であるばかりでなく、人生の大きな楽しみです。 また、正しい入れ歯を使う事で次のような症状が軽減または消失することがあります。(当医院の症例より)

頭痛、肩こり、めまい、腰痛、膝の痛み、疲れやすい、だるい、気力低下など

安全で快適な入れ歯で楽しく過ごしたいものです。

一生使える入れ歯とは

・義歯の作り替えが無い
ベースとなる部分入れ歯に、歯が抜けるたびに人工の歯を足してゆく方法です。

・馴染んだ義歯を使い続けられる

馴染んだ入れ歯を噛み合わせの変化のないまま使い続け、最終的に総入れ歯の形になっても使い続けられる入れ歯です。

・他の入れ歯との違い
従来の方法ですと歯が抜けるたびに入れ歯を新しく作り直しますが、やっと馴染んだ入れ歯も作り直すたびに同じような苦労を繰り返す事が多く、経済的な負担も度重なるため、入れ歯が敬遠される原因のひとつにもなっています。

・歯があった時の噛み合わせを再現します。顔貌も若返ります。

インプラント(人工歯根)について

一生使える入れ歯の特徴

部分入れ歯に人工の歯を足しながら使っていき、最終的に総入れ歯になっても使える。

・義歯の作り替えが無い
・噛み合わせの変化が殆どない
・馴染んだ義歯を使い続けられる

*インプラントのように治療に伴うリスクが無い。
*インプラントより安価である。

上顎のベースとなる部分入れ歯の一例画像(真ん中は透明です)

入れ歯は合わないものだと思っていませんか?



入れ歯に関する、お問い合せは
電話:03-6261-3988 迄お願いします。

診療予約などのインフォメーションはこちらをクリックして下さい。

林歯科/歯科医療研究センター
〒 102-0093 千代田区平河町1-5-4 平河町154ビル3F 
お問い合せ・予約電話: 03-6261-3988
www.exajp.com/hayashi



PAGE TOP