広がるインプラント治療 相次ぐトラブル

広がるインプラント治療 相次ぐトラブル

NHK生活情報ブログ http://p.tl/nGyF

先日の入れ歯の制作方法に関する電話取材といい、子どもの歯並び問題といい、ここのところNHKは歯の問題を積極的に取り上げているようです。

上記のNHK生活情報ブログのページでも「歯科医療 最前線」としてカテゴライズされているので、意図して力を入れているようです。

そうすると、普通に取材すれば、インプラントの悲惨な現状の実例など掃いて捨てるほど出てくるはず。

”インプラント治療は、専門性が高く、幅広い知識や高度な技術が求められます。ところが、特別な資格などは必要なく、歯科医師であれば誰でも始めることができます。インプラント治療については、これまで、大学でもほとんど教えられてきませんでした。そのため、インプラントを始めようという歯科医師の多くが、製造メーカーが開く「講習会」などで学んでいるのが現実です。中には、およそ5時間の「講習会」に1回参加しただけで、インプラント治療を始める歯科医師もいるといいます。”

インプラントトラブルなんてインプラント治療が始まった30年くらい前からずっと無くならないのです。技術が未熟な歯科医が事故を起こすなんていいますが、大ベテランが死亡事故をおこしているのが現実。

一定の割り合いで必ずトラブルになる、インプラントが増えれば犠牲者数も比例して増える。

それだけ未完成の不完全な方法なんですよ。

今日もどこかで誰かが犠牲になる。

自分が犠牲者にならない確実な方法はインプラントを入れないことです。

”厚生労働省は「インプラント治療は、患者と医療機関との契約に基づいて行われる自由診療のため、保険診療とは違い、強制的な指導はできない」としています。ただ「トラブルが起きているのも事実だ」として、今年度、研究班を作って、安全性や患者への説明に問題がないか、情報収集を始めているということです。”


PAGE TOP