接着式のブリッジは安全

接着ブリッジ#2

接着式のブリッジは安全なものです。ウイング部分で固定するといっても、接着剤で貼り付けるだけです。したがって、万が一、噛み合わせに悪影響を与えるような不良品を入れてしまっても、歯がダメになるより先にウイングが剥がれます。

剥がれたら再検査をして、付け直します。接着するだけですから、付け直しは簡単です。つまり、外れやすいということは、デメリットではないのです。完全に固定するもののほうがずっと危険です。

ちなみにこの患者さんは、最初に行った歯科医院では、両隣りの歯を削るタイプのブリッジを勧められたそうです。「歯を削らずに何とかならないか」と訊いてみたところ、歯科医の答えは「そんな方法はない」というものでした。その後、何軒かの歯医者を訪ね歩いたのですが、答えはどこも同じだったそうです。


PAGE TOP