インプラント(人工歯根)について

インプラント(人工歯根)とは、外科手術で顎の骨に穴をあけ、そこへチタンなどで作った土台を埋め込み、その土台に人工の歯を取り付ける方法です。第三の歯とか夢の治療などと喧伝されていますが、失敗例も少なくありません。(死亡例もあります。)常にリスクがつきまといますが、リスクについての説明は殆どされていません。

なにより問題なのは、インプラントを勧める歯科医の殆どが正しい入れ歯が作れない事です。安全で正しい入れ歯を提供できる技量さえあればリスクを犯してまでしなければならないケースは激減する筈です。

メリットを得ているのはいったい誰なのでしょう?

私は自分の口にインプラントを入れようとは思いません。

林裕之

【林歯科/ホームに戻る】


PAGE TOP