びっくり書評

拙著「いい歯医者 悪い歯医者」がアポロニア21という

歯科医向け専門誌(2月号)で紹介された。

「いい歯医者 悪い歯医者」は発売以来11刷りを重ね

3万部を超えるロングセラーになっている。(感謝しております。)

この本を読んで国立C大学教育学部で教授をしている幼馴染みのHは、

「すごく面白いし、ためになったけど、

ここまで書いて大丈夫なの?」と心配してくれた。

一般の読者にとって有益な情報も、

同業者にとっては面白くないのだろう無視される

事も多かったので、今回アポロニア21が取り上げてくれた事は、

うれしくもあり、

ちょっとびっくりでもある。

まだ頭の柔らかい若い歯科医、

歯科技工士、

歯科衛生士の皆さんぜひ読んで下さい。

専門家のあなたが知らない事実がいっぱい書いてあります。

そして、あなたの大切な歯の寿命が伸びます。

なぜかって?それは読めば解ります。(林裕之)


PAGE TOP