「白い歯=美しい歯」(1)

歯の色に優劣はありません。白っぽい歯もあれば、黄色いっぽい歯、茶色っぽい歯などわずかな違いはありますが、どれもその人の歯の特徴であり、個性です。

一般にモンゴロイド(黄色人種)や、ニグロイド(黒人)の歯の色のベースは黄色っぽく、コーカソイド(白人)の歯はやや白っぽいといった傾向があります。個人差もありますが、専門的に見ても、ほんの少し違いがあるだけで、ましてや病気ではありません。皮膚の色が違うように歯の色も歯並びも人それぞれに個性があるのです。

歯は他の臓器と違って削ったりする治療が多い為か、歯を加工する事に抵抗感が少ないようで、安易に手をつけやすいのですが、髪を染めたり、化粧をする事と一緒にしてはいけません。一度削ってしまった歯は二度と戻る事はありません。

● 林歯科/歯科医療研究センター www.exajp.com/hayashi/


PAGE TOP