国民生活センター警鐘! ” 歯科インプラントのトラブル増加 ”

歯科インプラントのトラブル増加 「治療水準に差」
12月23日付 朝日新聞

いよいよ国民生活センターがインプラント治療への注意喚起です。それだけ由々しき事態の証左。みなさま耳を傾けるべし!後で泣かないように。

”「インプラント(人工歯根)」で、消費者トラブルが増えている。国民生活センターが22日、「治療水準に差がある恐れがある」として、注意を呼びかけた。

同センターによると、東京都の50歳代女性は、インターネットで知った歯科医院でインプラントを実施。土台を埋めて5カ月以上も炎症が続いた。別の歯科医に意見を聞くと、土台からやり直したほうがいいと言われたという。

全国の消費生活センターには、インプラントで痛みやはれなどの症状が出たとする相談が、2006年度から11月中旬までに343件あった。そのうち約2割は、症状が1年以上続いたという深刻な内容だった。10年度の相談は80件を超え、06年度と比べて2倍以上に増えている。”

記事は”同センターは「歯科医師会などに治療のガイドラインを設けるよう求めたい。患者への情報提供もより丁寧にしてほしい」と話している。”と結んでいますが、

2011年10月5日にインプラント手術の死亡事故で、業務上過失致死の罪で在宅起訴された中央区の歯科診療所のI歯科医はベテラン中の大ベテラン。インプラントの第一人者だったのです。

「治療水準に差」に問題があるなんて言ってる場合じゃないんです。インプラントに問題があるのです。

くれぐれも歯医者の言いなりにならないこと!

林歯科
www.exajp.com/hayashi/


PAGE TOP