林歯科の新刊本「入れ歯になった歯医者が語る「体験的入れ歯論」 -あなたもいつか歯を失う」(Kindle版)がリリースされました!

新刊情報!​ 林歯科の新刊本(Kindle版)がリリースされました!

入れ歯になった歯医者が語る「体験的入れ歯論」 -あなたもいつか歯を失う- Kindle版

-内容紹介-​

入れ歯になった歯医者が語る「体験的入れ歯論」 -あなたもいつか歯を失う- Kindle版

歯抜け歯医者が本音で語るあなたの知らない歯科医療

誰でもいつかは歯が抜けます。
あなたはその時どうしますか?
インプラントにしますか?
入れ歯にしますか?

虫歯の痛み、歯周病の痛み、抜歯の切なさを知り、自ら入れ歯を使っている歯医者が語る”体験的入れ歯論”
「歯磨きよりも大切な予防法」、「噛み合わせと全身の健康」、「いい歯医者・悪い歯医者の見分け方」などなど、知ると歯の寿命が延びる歯医者の本音を教えます。

主な目次

はじめに
・「いい歯医者、悪い歯医者」を世に投じてから20年が経ちました。
・20年で私の歯はどう変わったか
・歯にも体質や家系がある
・歯医者で変わる歯の寿命

第1章 あなたもいつか歯を失う
・歯磨きに予防の効果はあるのか
・歯が抜けるのはあなたのせいではない
・「死ぬまで自前の歯」の人は超少数派

第2章 使えない入れ歯の大問題 あなたの入れ歯は大丈夫?
・入れ歯の不良品が多すぎる -食事の時に外す入れ歯-
・入れ歯の噛み合わせの不調が招いた円形脱毛症
・ブリッジの末路 根ごと抜けるのはよくある話
・歯科医が生み出す入れ歯ウツ

第3章 インプラント再考
・入れ歯を笑う者はインプラントで泣く
・インプラントのリスク 国民生活センターの警告
・「骨に刺さった棘」
・「入れ歯ってつらいですよねぇ〜」に騙されるな

第4章 良い入れ歯とは
・継ぎ足していく、という発想
・抜歯した日から食事ができる
・一生使える入れ歯を目指す
・入れ歯安定剤の怖さ

第5章 噛み締めない生活のススメ
・噛み締め、食いしばり、歯ぎしりが歯と体を苦しめる
・ローマの休日は噛み締めで終わる
・私は噛み締めを止めて楽になりました
・姉の死で口が開かなくなった

第6章 最新版「いい歯医者・悪い歯医者」の見分け方
・20年後の今に思う「いい歯医者・悪い歯医者」の見分け方
・これがいい歯医者だ
・歯科は科学ではない

​*Kindle / キンドルは​無料のアプリです。スマートフォン、タブレット、PCなどで簡単にダウンロードできます。
こちら⬇からダウンロード出来ます。
https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/fd/kcp


●林 晋哉(歯科医師)
1962年東京生まれ、88年日本大学歯学部卒業、勤務医を経て94年林歯科を開業(歯科医療研究センターを併設)、2014年千代田区平河町に診療所を移転。「自分が受けたい歯科治療」を追求し実践しています。著書は『いい歯医者 悪い歯医者』(講談社+α文庫)、『子どもの歯並びと噛み合わせはこうして育てる』(祥伝社)、『歯医者の言いなりになるな! 正しい歯科治療とインプラントの危険性』(新書判) 、『歯科医は今日も、やりたい放題』(三五館)など多数。

林歯科HP:https://www.exajp.com/hayashi/


にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
↑↑歯科医療情報ブログ・ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。


PAGE TOP