「歯のばんそうこう」で虫歯にさようなら?

「歯のばんそうこう」で虫歯にさようなら?日本の研究者が開発   

友人から興味深いニュースを教えて貰ったので、今日の「らくらく健康術」はお休みで、このニュースのお話です。

“1つ1つの歯を虫歯から守ったり、より白く見せることのできる極薄の膜を、近畿大学生物理工学部の本津茂樹教授と大阪歯科大学の吉川一志准教授が共同開発した。”
とのニュースです。

”この「歯のばんそうこう」は耐久性に優れた柔軟性に富むシートで、歯のエナメル質の主成分ハイドロキシアパタイトでできている。”  副作用もなさそうです。

”むき出しになった象牙質をこの「ばんそうこう」で覆うといった歯科治療における実用化には5年以上かかる見込みだが、審美歯科ならば3年以内にも実用化できるかもしれないという。”
早い実用化が望まれます。特に”むき出しになった象牙質をこの「ばんそうこう」で覆う” 治療法が確率されれば、画期的なのでかなり期待します。

ただ極薄なので、上下の歯が噛み合う箇所はすぐにすり減ってしまうでしょうから、前歯の表面に貼って審美の回復やファッションアイテムなどにも発展しそうな気がします。

最近の、健康な歯を削ってまで不自然に白い人工の歯に置き換える白い歯信仰は、目に余ります。。白い歯を手に入れて健康な歯の寿命を縮めているのですから本末転倒なのですが、残念ながら簡単に止められないトレンドになってしまっています。こうした現状を考えると、この極薄の歯の絆創膏で白い歯になれれば、健康な歯を削らないだけ良いのかもしれません。

さらに、ファッションアイテムとして捉えれば、何も白だけでなく、赤、黄色、緑など極薄でカラフルなフィルムを貼った歯が流行るかもしれません。カラーコンタクトで瞳の色を変えるように、気軽に歯の色を変えて楽しむ?そんな時代も来るような気がします。

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
歯科医療情報ブログ


PAGE TOP