噛み癖とそしゃく筋マッサージ

2016年9月6日

2度のクリックで原文がお読みになれます。

自分の噛み癖はご存知ですか?噛み癖を治し、そしゃく筋のマッサージで顔のこりをほぐす事が、歯の寿命を伸ばします。歯の治療(修理)だけではなく、噛み方やそしゃく筋のほぐし方などを教えてくれる歯科医を選ぶ事が、自分の歯を守る第一歩です。

* 噛み癖とマッサージ – リハビリ編

(ガムを1枚用意してから読むと効果的です。)

歯の治療と言えば、詰めたり、被せたり、入れ歯を入れる等、噛むための道具の修理が主で、その道具(歯)の使い方である顎の動かし方まで治療する。と言う視点が欠けていました。

顎の動かし方(噛み方)は百人百様でその人独自のものですが、それが正しいのかを判断し、もし偏りがあればリハビリをし、修正しなければなりません。

例えば、右側の歯ばかりで噛む癖のある人は、必然的に使用頻度の高くなる右の歯が壊れやすくなり、左右の歯の寿命に差が出るばかりでなく筋肉も偏り、首や肩の懲り、腰痛、頭痛等、様々な症状の原因にもなってしまうのです。

それらを予防するためにも自分の噛み癖を知り、悪い癖があればリハビリをしなければなりません。その具体的な方法を解説します。

まず、ガムを一枚用意し、小さく折り畳み、口の中へ放り込みます。すると左右どちらかの奥歯に舌がガムを運びます。(そちら側があなたの利き顎と考えて良いでしょう。)ここからが肝心です。そのまま3分程意識せずに噛み続けて下さい。

自然に左右均等に噛んでいれば大きな問題はありませんが、左右どちらか一方に噛む回数が偏っていたり、一方でしか噛めなかった場合は要注意です。(一方にしか歯がなかったり、痛い歯がある場合はそれを是正しなければいけません。)こうした場合のリハビリ法は、少し大きめで硬めのガムを2~3分間、左右で5回づつ交互に噛みます。

決して長時間してはいけません。急激に始めると噛みづらい方の顎関節や筋肉を痛めてしまいますので少しずつゆっくり始めて下さい。

次は咀嚼筋マッサージです。両手を左右の頬に当てて奥歯で噛みしめるとグッと動く筋肉が咬筋です。同様に頭の両脇(耳の上あたり)で噛みしめると動く筋肉が側頭筋です。この二つの咀嚼筋を押してみて痛みを感じれば、その筋肉にダメージがあると言うことですので、これらの筋肉をマッサージして揉みほぐすのです。

首や肩、背中の凝りを揉みほぐすのは一般的ですが、『顔や頭の凝り』はあまり意識されていないため、咀嚼筋への長年のストレスが蓄積されてしまいがちです。

痛みを感じる部分を中心に、自分が気持ち良い強さでマッサージします。咀嚼筋へのマッサージで顔や頭だけでなく首や肩等の凝りが楽になる場合もあります。このマッサージもやりすぎは逆効果です。一回のマッサージ時間は1分以内とし、短いマッサージをこまめのするのが効果を高めるコツです。


PAGE TOP