驚きの写真修正!

”ファッション雑誌や広告では非現実的なまでに顔や体を修整した写真が多く、社会問題となって掲載が禁止される国もある。そんな中、元の画像からどれだけ変化しているのかを評価する計算モデルが開発された。”

と始まるWIRED.jpの記事『驚きの写真修正と、「修整度」解析ツール』には衝撃的な写真満載。http://p.tl/8LsJ

シワも輪郭もボディラインも歯並びも歯の色も自由自在に、しかも、必要以上に修正出来ます。

特に ”日本に輸出されている欧米のモデルらの写真はほとんどが修整済みであり、こうした修整なしでは、市場価値のあるものとして日本で受け入れられることは不可能”なんだそうです。

そして、”心理学者たちは、美しく修整された写真への懸念を表明している。こうしたレタッチによって、美しさや「普通の身体」についての標準が非現実的なものになり、自己嫌悪や病的な状態を生み出す危険性があるという懸念だ。”

さて、歯については写真の修整ではなく現実に健康な歯を『修正』する美容歯科が大流行。タレント、俳優、韓流タレント、スポーツ選手などの悪影響で『不自然に白い歯や揃い過ぎた歯並び』が「謝った標準」になってしまっっています。

「普通の歯並び」についての標準が非現実的なものになり、不必要な自己嫌悪や病的な状態を生み出しています。

歯科医側も、見た目優先のホワイトニングや歯列矯正など「非現実的な標準」をウリに患者獲得合戦を繰り広げています。

その結果、健康な歯の寿命を縮めています。

修正は写真にとどめて生身でしないこと。生身の修正はリセットできません。


PAGE TOP