親知らず安易に抜歯は疑問

2016年9月6日

2度のクリックで原文がお読みになれます。

もう30年近く前の話ですが、勤めていた歯科医院には、毎月の親知らずの抜歯数の目標数値があり、1本抜歯するたびに小さなホワイトボードに”正”の字を記入していました。埋伏など難しい抜歯は大学から口腔外科の歯科医に来てもらって、「外科の日」を設けていました。なぜこうしていたかというと、保険点数が高く収入を増やしやすいのと、親知らずは邪魔なだけと安易に思い込んでいたからです。

最近では、将来の再生医療に使うために、抜歯した自分の親知らずを冷凍保存するなど新しい価値も出て来ましたが、まだまだ安易に扱われる傾向があります。

総合的な判断の上で慎重に対処しないと、思わぬ事態に陥ってしまうこともあります。

親知らず安易に抜歯は疑問

親知らずは十代後半から三十才くらいにかけて、上下の歯列の一番奥に生えてくる第三大臼歯の俗称です。文字どうり親も気付かない年頃に生え始めます。

また、 智恵や知識を身につけた年齢でもあることから智歯とも呼ばれています。その上下四本の親知らずが生え揃い、きっちりかみ合っていれば特別問題はないのですが、現代の日本人ではこうした人はたいへん少なく、親知らずそのものが無い人も珍しくありません。

こうした傾向は世代が下がるにつれて多いようで、顎が小 さくなっていることと併せて、退化傾向にあるといわれています。

また、親知らずが1~4本あったとしても、歯肉のなかに埋もれたままだったり、真横になっ
ていたり、歯の一部だけが歯肉から出ているなど、親知らずの本数とその状態はまさに百人百様で、そのまま何事もなく過ぎることもありますし、親知らずの周りの歯肉が炎症を起こしたり、虫歯になってしまうこともあります。

また、生えて来る場所が顎の一番奥の狭い所なので、かみ合わせバランスに影響を与えやす い歯でもあり、親知らずが原因で頭痛や首、肩のこりを起こすこともあります。

親知らずは他の28本の歯の歯根が完成された後、つまり、ある程度かみ合わせが完成された頃に生え始めますので、どうしても邪魔者扱いされがちで、歯肉の炎症や進行した虫歯でない場合でも抜歯の対象にされがちです。

実際、明確な根拠がないまま一律に親知らずは抜くべき歯と考えている歯科医や患者さんも多 いようです。

しかし、口のなかにある以上、全体のかみ合わせバランスに、良くも悪くも影響を与えている場合もままあり、そうした診断なしで抜いてしまうと、急激なかみ合わせの変化を誘発して、身体に悪影響を及ぼすこともありますので、安易に抜歯することには問題があると思います。(しかし、すでに親知らずを抜いた経験がある人でも、その後の体調に変化がなければ特に心配する必要はありません)

また、親知らずは、手前の歯が抜けた時に、入れ歯の支えに使 える場合もあり、功罪の判断の付けにくい歯であると言えます。

いずれにしても、上下の親知らずがきっちりとかみ合っている人が少ない現在では、親知らずの治療に関しては、まさにケースバイケースですが、抜歯をする場合は、かみ合わせバランスや歯全体の将来予測といった総合的な診断とその説明が必要条件となります。

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
↑↑歯科医療情報ブログ


PAGE TOP