トラブル絶えない「歯科インプラント」 

歯医者の言いなりになるな!

トラブル絶えない「歯科インプラント」 患者が減り、このままでは「日本から消える」?
http://goo.gl/bLo81 【Jcast 記事】

2011年12月の国民生活センターによるインプラント危害への注意喚起、2012年1月のNHK「クローズアップ現代」でも”歯科インプラント治療のトラブルが急増”の特集が放映され、なインプラント治療の実情、実態がが明るみになるにつれインプラント治療の受診者が減っているという記事。

NHKは他の番組でもインプラントの実態を取り上げ、あたかもキャンペーンを張っているかのようでした。我々は、やっと本当の姿が世に出て来たと見ていたのですが、患者さんにとっても宣伝されているような良い事ばかりの治療法ではないことが分かり、インプラント治療に慎重になった契機になったのでしょう。

しかし、この手の記事は『腕の確かな医師をどう見つけるかがますます重要になっているといえそうだ。』と医者選びがトラブル回避の妙手と結びがちですが、一番確かな自衛策は、インプラントを選択せず、きちんとした義歯(入れ歯)を手に入れることです。こちらの歯科医を見つけることにエネルギーを使うことのほうが、意義が大きいと思います。


歯医者の言いなりになるな!

正しい歯科治療とインプラントの危険性

著者:林晋哉 / 林裕之
角川oneテーマ21 (新書判) / ¥760(税込)
発行元:角川書店 ISBN 978-4-04-710261-3-C0295
2010年 11月10日発売


週刊誌を賑わせたインプラントの死亡例。先端医療のずさんさが世間の注目を浴びることになったが、著者の林兄弟は以前より各メディアで激しく警鐘を鳴らしていた。満を持しての書き下ろし!

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ


PAGE TOP