世界人口70億人突破!

『国連人口基金は、推定人口70億人を今日10月31日到達と設定し、国連はこの日に生まれたすべての子を「70億人目の赤ちゃん達」とした。』

日本では昨日ですが、2011年10月31日に生まれた世界中の赤ちゃんおめでとう!

人が生まれるのは何はともあれおめでたい訳で、私も生んでもらったからこそここに居られます。

しかし、ヒトがこのペースで増え続ければ良い結末は想像できなくなっているのも事実。どうにかしなければなりません。

一昔前までは人類の最大の難問は増え続ける人口問題で、かなり話題に上っていたのですが、最近は地球温暖化などの環境問題に焦点が移ってしまったように感じます。

地球環境問題も食料や水の問題と同じように、つまるところ増え続けるヒトをどう養うかっていうところに落ち着くのだと思いますが、供給できるものには限界があり、需要を抑制する方策も必要です。

我が日本国では少子化による人口減が国の衰退に繋がると危惧され、貧しい国では平均寿命の短い子供たちが大勢生まれてきて国は繁栄しない。

もう20年くらい前で正確な出典はうろ覚えなのですが、人口問題について訳された論文に書かれていた内容にビックリした記憶があります。

世界の人口抑制のために先進各国は、いわゆる後進国や発展途上国の援助は止めることを真剣に考慮しなければならない。云々と……..。ひどい話だとは思うのですが、飢餓はかなり本能的で原初的な欲求なので近い将来シビアで嫌な世の中になるのではないかと思ったことを覚えています。ヒトは腹が減ったら何をするか解らない、ってことです。

一体どうしたら良いのでしょう?

世界の人口は、1分に137人、1日で20万人、1年で7千万人、増えています。
世界中で、1年に6千万人が亡くなり、1億3千万人が産まれます。
http://arkot.com/jinkou/


PAGE TOP