先生は噛み合わせの専門家ですか?

歯科に関するサイトを見ていると、「噛み合わせ」の講演会や研修会が相変わらず開催されているのであきれてしまいます。これらの研修会などは歯科医師や歯科技工士を対象にしたもので、一般の人に向けたものではありません。

歯を扱う職業に就きながら、「噛み合わせ」が分からない歯医者や技工士が未だにいることを患者さんである一般の人は知りません。

人間の体の事ですから未解明の部分があるとはいえ、歯は噛み合うのが当たり前ですから、カンや経験だけで適当な修理をしているようなものです。7年前のこのブログで ”非専門家集団” と題して同じような事をぼやいています。↓

その時と同じアドバイスが未だに通用するのが情けないですが、大事なアドバイスですので使ってみて下さい。”みなさんが通っている歯医者さんに一度聞いて確かめてみて下さい。「先生は噛み合わせの専門家ですか?」と。”

2005年12月14日
非専門家集団

友人に噛み合わせを専門にしていると言ったら、「歯医者はみんな噛み合わせの専門家じゃないの?」と聞かれ、言葉に詰まってしまった。

友人の驚きと疑問は至極当然なのだが、一方では悲しい現実を言い当ててもいる。

噛み合わせてナンボの歯を扱って暮らしているのに、大多数の歯医者も技工士も噛み合わせの正しい知識を持っていない、知ろうともしていない。

歯科界は非専門家が集まった専門職というなんとも不可解な業界です。

治療後の一言「そのうち慣れますよ。」が諸悪の根源。

この根の深さはちょっとやそっとでは語れない。

みなさんが通っている歯医者さんに一度聞いて確かめてみて下さい。「先生は噛み合わせの専門家ですか?」と。

 


PAGE TOP