味覚破壊

先日久米宏さんのラジオ番組で10年後の日本はどうなってると思いますか?とリスナーに呼び掛けていました。

いろいろな意見が寄せられましたが、あるホテルのシェフの意見が心に残りました。

ひとつは、少子化で高学歴化が進むので調理師が不足するのではないか。もうひとつは、化学調味料の濃い味に慣らされた子ども達の味覚障害がとても心配。

ホテルのシェフならではの実感でしょう。

私も子供達の味覚障害はずっと気になっていました。最近も、小さな子に着ぐるみを着せ、チキンラーメンの歌を歌わせているコマーシャルを見る度に「子供のうちからこんなもの喰わせるなよ。企業の良心はないのかっ!」といつも嘆いています。

本来、添加物と化学調味料からは出来るだけ子供を遠ざけるのが大人の役目だと思うのですが、今は逆の方へ向かっているようです。

成長期の子供には出来るだけ安全な食べ物を与え正常な味覚を育てなければなりません。

身体は食べ物で出来ています。


PAGE TOP