食物アレルギーの子、被災地からSOS

↓ 食物アレルギーの子、被災地からSOS

食物アレルギーとは、食品中のアレルギー物質(アレルゲン)を体内に取り込むことによって起こる様々な反応のこと(文末に表示しました。)で、私の娘も食物アレルギーでアトピー性皮膚炎やぜんそく発作も何度か起こしたことがありました。

食物アレルギーはそうではない人々に理解されにくい病気だったことも実感しています。ですから、ただでさえ大変な被災地での食糧事情を考えると、食物アレルギーを持つお子さんや親御さんは本当に大変だろうなぁ。と胸を痛めていました。

アレルゲンとなる代表的な食品は、食品衛生法が表示を義務づけている「特定原材料」7品目(卵、乳、小麦、ソバ、落花生、エビ、カニ)その他に表示が推奨されている18品目(あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、バナナ

この他に化学調味料や添加物がアレルギーの原因になる人もいます。

避難所などで大変重宝するインスタント食品やくだものが、アレルゲンになって食べられない人もいるのです。

食物アレルギー対応の食材の備蓄や支援物質の適切な流れを制度化して頂きたいと思います。

主な食物アレルギー症状

   * 皮膚粘膜症状
        1. 皮膚症状 : そう痒感、じんましん、血管運動性浮腫、発赤、湿疹
        2. 眼症状 : 結膜充血・浮腫、そう痒感、流涙、眼瞼浮腫
        3. 口腔咽喉頭症状 : 口腔・口唇・舌の違和感・腫張、喉頭絞扼感、喉頭浮腫、嗄声、喉の痒み・イガイガ感

 * 消化器症状
        1. 腹痛、悪心、嘔吐、下痢、血便

   * 呼吸器症状
        1. 上気道症状 : くしゃみ、鼻汁、鼻閉
        2. 下気道症状 : 呼吸困難、咳嗽、喘鳴

   * 全身性症状
        1. アナフィラキシー : 多臓器の症状
        2. アナフィラキシーショック : 頻脈、虚脱状態(ぐったり)・意識障害・血圧低下


PAGE TOP