ためしてガッテン入れ歯は生きる力!

夕べのNHK「ためしてガッテン」のテーマは”入れ歯”と”噛む効用”で、とても充実した内容でした。

噛む事は生きる力そのもの。そのために入れ歯がなくてはならないものだと科学的に分りやすく解説していました。

噛む回数を増やすちょっとした工夫なども紹介されていました。

見逃した方は是非再放送をご覧下さい。
↓↓ NHK総合 2月15日(火)午後4時05分~4時50分です。

www9.nhk.or.jp/gatten/schedule/index.html

放送内容

最新研究で「噛む」ことの効果が、想像以上に大きいことが科学的にわかってきた。なんと、柔らかいものばかり食べて噛むことを怠ると、脳の中で新たに生まれる神経細胞の数が減ってしまう。

逆に、寝たきりのお年寄りが、入れ歯を入れて噛めるようになっただけで、本人の意欲や記憶力が向上!さらには、転倒予防につながるバランス力もアップし、寝たきりだった人が、若返ったように歩けるようになり、元気になったという、驚くべき報告が相次いでいる。

この噛むパワーの源が最近の研究で明らかになってきた。歯の奥に、ものすごく敏感なセンサーが隠されていたのだ。噛むとこのセンサーが信号を発信、その信号は三叉神経という最も太い脳神経を通して脳へ送られ、脳の中の「運動」「感覚」「記憶」「認知」さらには「意欲」にかかわる部分が活性化するという。歯の奥に隠されたセンサーは、まさに「生きるためのスイッチ」だったのだ!

この「生きるためのスイッチ」を沢山押せちゃうお得な食べ方や、脳を活性化させる、入れ歯の秘けつも登場!“食べるだけで元気になれる”お得な情報をたっぷりと紹介する。


PAGE TOP