インプラントでひと儲け

かつて私たちもインプラントを診療に取り入れようと思ったことがありました。約25年程前のインプラントが歯科医のあいだで話題になり始めたころです。

当時は最先端の治療法だと思っていました。噛み合わせと全身の関連も全く知りませんでした。何よりも入れ歯を上手く作ることできませんでしたので、歯のないところに心棒を立て、その上に人工の歯を固定するインプラントはなんと素晴らしい方法だと思いました。

しかも、自費診療なので儲けられると考えていたのです。

つまり、自分の能力の無さを棚に上げて、患者さんの利益よりも自分の利益を優先しようとしていたのです。今になって振り返ると恥ずかしいかぎりの浅はかな考えでした。


PAGE TOP