歯と認知症

↓↓「歯の悪い高齢者、認知症になる可能性2倍近く」と題した読売新聞の記事です。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=35954

自分の歯がほとんどなく、入れ歯を使っていない人が認知症になるリスクが高いそうです。当たり前ですが、「使える入れ歯」は認知症になるリスクも減らせるとも言えます。

歯にも寿命があるのですから、歯を失った時に入れ歯で噛み合せを確保し、咀嚼システムを維持することが大切です。「使える入れ歯」を手に入れることが豊かな老後に繋がります。


PAGE TOP