「入れ歯は合わない」と「口を揃える」

”入れ歯は合わない”というのは歯科医が作った偏見です。私たちは、入れ歯の良さを知っていますし、自分でも使っています。私たちのところで治療を受けた患者の皆さんは、入れ歯の効用について十分理解されています。

ところが、あいかわらず、入れ歯にはマイナスイメージがつきまといます。

まず、入れ歯は合わないものと思い込まされています。入れ歯安定剤のコマーシャルなどの影響も大きいかもしれません。しかし、これは入れ歯自体に問題があるのではなく、入れ歯の作り方に問題があるからなのです。

歯科医のなかには入れ歯がなぜ合わないかの理由すらわからない人が大勢います。当然、そういう歯科医は、うまく入れ歯が作れません。そして、入れ歯がうまく作れない歯科医は、さんざん嫌な思いをしているので入れ歯という治療手段を選ばなくなってしまうのです。

自分の腕の無さを棚に上げて「入れ歯は合わない」と「口を揃える」のです。


PAGE TOP