インプラントがはずれて噛めない話せない

50歳代(来院当時)の男性は、ブレードというタイプのインプラントで失敗して、痛くて噛めないということで来院されました。

ブレードとは今のようなピン型のインプラントではなく、板状のものを埋めるインプラントです。

現在ではこのインプラントはほとんど使われることはないそうですが、インプラントの黎明期に治療を受けた人は、これが使われている方もいると思います。

6つの突起を持った4枚の板状のインプラントを入れていましたが、私たちのところに来たときには「よろしくお願いします」といってしゃべると、前歯のところのブレードが完全に離脱して、ブレードごとポコンと落ちてくる状態でした。

歯ぐきも切れているし、インプラントに固定された人工の歯は、奥歯のインプラントのところだけかろうじて歯ぐきにつながっているので前歯のブレードが上あごの骨と口の中を行ったり来たりしている悲惨な状態でした。
当然、インプラント部周囲は炎症をおこしていました。日常的に痛いのはもちろん、まともに話せない状態で、ものすごいストレスだったと思います。

このインプラントを入れたのは、某歯科大学の教授を退任し開業した、当時有名なインプラント医だったのです。

「こんなインプラントではどうしようもないので、先生、入れ歯にしてください」といわれたのですが、私たちは悩みました。その状態では歯型さえも採れないからです。

その後の治療法はやや専門的になりますので、ここには記しませんが、上手く総入れ歯に移行して事なきを得ています。

詳しくお知りになりたい方は、拙著「歯医者の言いなりになるな!」角川oneテーマ21新書をお読み下さい。


PAGE TOP