大学病院では口が開かない

48歳(来院当時)の女性は、顎関節症で来院しました。この方は、高校一年のときに、左下の一番奥の歯がムシ歯になり、近所の歯科医院で抜いたそうです。その後放置しておくと上の歯がしだいに下がってしまい、噛み合わせが悪くなりました。

そして25歳頃から顎に違和感を覚え、数年後には寝返りが打てないほどの座骨神経痛に悩まされるようになりました。その後、30歳のときに、大学病院の口腔外科に相談して、鍼治療を月1回、20年もの間受けていました。

その他にも無添加食品で食事療法を試したり、エアロビクスをやったりなど、様々な治療法を試みていたのですが、全く改善せずに、花粉症になったり、指輪をすると湿疹ができたり、左手の中指が曲がって伸びないバネ指まで発症してしまったりと様々な症状に悩まされ続けていました。

そこで、仰向けに寝た状態で軽く開いた唇に割りばし乗せるという割りばし法を試みてもらい、体の力を抜き、ゆるみを身に付けてもらうといった噛みしめ対策と共に噛み合わせの微調整を慎重におこないました。更に平行して顎関節の動きをスムースにする簡単なトレーニングを行うとあっという間に驚くほど症状が改善したのです。

治療開始から約3ヵ月ぐらいで、大学病院の口腔外科で20年も治療を続けてもほとんど開かなかった口が、ほぼ支障なく最大まで開くようになったのです。

そして、約2年半であごの違和感が全くなくなくなりました。大学病院の口腔外科で20年はなんだったのでしょう。

「歯医者の言いなりになるな!」角川oneテーマ21新書より抜粋


PAGE TOP