子どもの歯列矯正

私は、その患者さんが自分の子どもだったら矯正するかどうかを基準にして、「この子は矯正した方がいいですよ」「この子は矯正しない方がいいと思います」と正直に伝えます。

他の矯正歯科医に聞いたら「絶対やる」というようなケースでも、私たちは「やらなくていいですよ」とお話するケースがいっぱいあります。

歯科矯正は、子どものためによかれと思っておこなったのに、変な結果になってしまったという場合が往々にしてあるからです。

勧めた親御さんも、子供の不幸になるだけです。決して見た目だけをキレイにする事を目的にしてはなりません。健康な歯の抜歯にも反対です。私たちの歯科矯正の説明書のなかには、「見た目は二の次」と明記しています。

抜かないとできないものでも抜かない範囲でやって、多少デコボコが残ってもそれは個性だという考え方が正しいと思っています。

矯正の本質とは見た目ではなく、噛み合わせバランスを正しくする機能改善だということを認識してほしいのです。


PAGE TOP