歯茎の状態と咀嚼機能が改善されたら

さて歯肉のリハビリですが、これは治療用の入れ歯によって行います。治療用の入れ歯に粘膜調整剤という薬を裏打ちし、歯茎を元に戻すのです。粘膜調整剤は2週間くらいで変質してきますから、2週間に1度のペースで通院してもらい、新しいものに取り替えます。

治療用の入れ歯は、最終的なものではありません。しかし、「使える入れ歯」でなくてはなりません。歯茎が痛んでいるからといって、口がきちんと機能できなければ、咀嚼システムが崩壊してしまうからです。

この患者さんは、上顎に大きな部分入れ歯が入っていて、下顎には何も入っていない、という状態で長く過ごしてきました。

ですから、咀嚼システムは本来あるべきものではない、歪なものになっていました。しかし、歪な咀嚼システムとはいえ、それを破壊してしまうと「望ましい咀嚼システム」はさらに遠ざかります。今ある咀嚼システムを改善していくのがベストの処置で、治療用の入れ歯はそのために必要なのです。

歯茎の状態と咀嚼機能が改善されたら、治療用の入れ歯を最終的に入れる入れ歯に置き換えます。したがって、治療用の入れ歯がきちんと機能しなければ、最終的に入れる入れ歯も機能しません。入れ歯の最終形を決める、という点においても治療用の入れ歯は絶対に必要なのです。


PAGE TOP