口に入れたときから

入れ歯の治療は、口に入れたときから始まります。

どんなに精巧に作られた入れ歯でも、入れたあとの微調整は絶対に必要です。歯茎をはじめとする口の中の状態も、年をとるにつれて変化していきますから、定期的なチェックもしていかなければなりません。

入れ歯にまつわる本当の治療は、口に入れたときから始まるのです。これを怠れば、時として人生を台無しにするようなトラブルが起こります。


PAGE TOP