入れ歯への偏見を無くしたい!

入れ歯を使いこなすためには、トレーニングが必要です。慣れるまで、微調整を繰り返しながら使いつづけなければなりません。その最大の妨げになるのは、入れ歯への偏見です。入れ歯を受け入れる心を持たなければ、使いこなせるようにはなりません。

ところが現実には、どうやっても慣れることができない、欠陥のある入れ歯を作っている歯科医がいます。入れ歯を受け入れる心を持つためには、「歯医者はちゃんと使えるものを作ってくれる」という信頼が不可欠ですが、その信頼に値しない歯科医が少なくないのです。

しかし私はそれでも、「入れ歯」への偏見を捨てていただきたいと思います。というのは、どんなに腕のいい歯科医にかかっても、「合う入れ歯」「いい入れ歯」を手にするためには、まず「入れ歯」に対する偏見をなくすことが絶対に必要だと思うからです。

「入れ歯」に対する偏見がなくなったときこそ、歯医者も患者も同様に満足のいく「入れ歯」を実現できるのではないかと思うのです。


PAGE TOP