最大の理由は、歯医者の意識の低さ

このように、成功報酬システムの導入にはさまざまな効果が期待できるわけですが、もちろんそれは最終目的ではありません。入れ歯にまつわる諸問題を根本から解決するには、やはり歯科医自身が変わるしかありません。

学校で教えられている方法が間違っているのですから、きちんとした入れ歯を作れない歯科医や技工士が多いのは、仕方がないとも言えます。しかし、教えられた知識が間違っていることは、歯科医ならいつかは気づくはずです。入れ歯を作るたびに「合わない」と言われていれば、気づかないほうがおかしい。

教えられたとおりにやってうまくいかないのなら、教えられた方法を疑うのが当然です。そして、自分で正しい方法を探求しなければならない。歯科に限らず、医学はそのようにして進歩してきました。

しかし残念ながら、正しい方法を探究している歯科医は、けっして多くはありません。今ある方法が間違っているのではないかと感じている歯科医でも、「入れ歯はむずかしい」「入れ歯はカネにならない」と投げてしまうケースもよくあります。すでにお気づきだと思いますが、使えない入れ歯が多い最大の理由は、歯医者の意識の低さにあると思います。


PAGE TOP