インプラントで死亡!

セレブな歯科医院で治療患者が死亡
ブームの陰でインプラント治療の危うさ

週刊朝日今週号(2009年10月16日号)の記事です。

2007年5月に東京で起きたインプラントの死亡例が、被害者、加害者とも実名で詳しく報道されています。

加害者の歯科医はインプラント界では有名な大ベテランです。

遺族側からの民事裁判と、業務上過失致死で警察も捜査をしています。

最近の歯科医療裁判はインプラント関連が最も多く、昨今のインプラントブームを考えるとトラブルは増え続けるばかり。

どうにかならないものかと苛立つのですが………。

素人である患者さんに罪はありませんが、インプラントを勧める歯科医は良い事しか言いません。

しかし、インプラントには大きなリスクがあることは忘れないで下さい。

私は自分や家族にインプラントを入れる気は全くありません。

入れ歯を快適に使っています。

林裕之


PAGE TOP