究極の義歯

 

歯のエナメル質の元、iPS細胞使い作製成

究極の義歯は自分の歯を再生して移植することだと思います。

親知らずや矯正で抜歯した健康な歯を冷凍保存し、歯の抜けたところに移植している場面を先日テレビで見たばかりです。咬合の調整と管理が適切にできれば画期的な方法ですが、誰でも受けられる治療法ではありませんし、歯の数にも限りがあります。

そこで、iPS細胞を使って歯そのものを再生できれば、数の問題もクリアーでき、究極の義歯とすることが期待できます。

iPS細胞が画期的なのは、受精卵を利用せずに得られる万能細胞であるので、受精卵を利用するES細胞のように倫理的な問題が生じない事。自分の細胞を使うので、拒絶反応が起きにくい事があげられています。

歯科に限らず、医療全般にわたって再生医療の実用化に向けて進んで行くと思います。


PAGE TOP