実体験から見えるインプラントの欠陥

当たり前の事ですが、患者さんは素人ですから医者や歯医者の言う事は基本的に信用します。

「インプラントは素晴らしいですよ。」「私の親も入れていますよ。」などと聞けば、「じゃお願いします。」となっても仕方ありません。

インプラントをする歯医者は成功例を並べ立て一生懸命勧誘しますが、本物の医療者であれば、失敗の確率やその場合の症状など全てのリスクを説明し、万が一の場合の具体的な対応策を常に備えていることこそ説明すべきであり、それこそが他のインプラントをする歯医者との差別化だと思うのですが、そうした事例は見た事ありません。

一般医科では手術の前にはかなり詳しい説明があります。難しい手術になればなるほど、失敗の確率も明確に示されます。その上で最前を尽くことを条件に手術が行われるのです。

インプラントは歯科の他の治療とは一線を画します。必ず手術が伴います。

一般医科では当たり前のシステムと心構えもせずに、成功例だけ自慢してるから、昨今のような状況に追い込まれるのです。

インプラント治療を受け、実際に酷い目にあった気の毒な患者さんを何人か診ての実感です。


PAGE TOP