母乳育児が歯を丈夫に


人間は哺乳類ですから、生まれてしばらくの間は母親の母乳で育つのが自然です。乳歯は生え揃い咀嚼出来るまでは母乳育児が理にかなっています。消化器系のシステムも母乳の消化が一番適しています。早い離乳は食べ物を噛まずに飲み込む悪い癖を覚えてしまい良いことはありません。

母乳育児と子供の歯並び

私たちは歯の無い状態で生まれてきますが、乳歯と永久歯の元となる歯(しはい)は胎児の時にすでに形成されています。妊娠中の栄養は乳歯や永久歯の質(硬さ)に影響します。しかし、特別にカルシュウム剤等を摂取するよりも、栄養のバランスがとれた食事を心がけていれば問題無いと思います。

むしろ子供の歯並 びに影響を与えるのは、生後の母乳育児の期間の長さや、その後の食事の仕方、虫歯の有無、また、その治療の仕方にあるのです。歯並びが乱れる最大の原因は、歯の大きさと上下の顎の骨の大きさの不調和にあります。

歯の大きさは遺伝で決まっていますので栄養等で変えることはできません。しかし、顎の骨はよく使うことで成長発達し充分な大きさになります。その第一歩が母乳育児なのです。母乳は赤ちゃんが顎を精一杯動かせて飲んでいます。

その時の顎の動きをよく観察すると母乳を飲んでいると言うより「母乳を食べている。」と言ったほうがふさわしいくらいに顎をよく使っています。この時期が将来の歯並びや噛み方(顎の使い方)を決定すると言っても過言ではありません。

上下の第一乳臼歯(乳歯の奥歯)が噛み合うようになる2才頃まで母乳を続けるのが理想的です。顎を動かさずに飲めてしまう哺乳瓶や早い離乳は噛まずに飲み込むことを覚えてしまいますので、顎の成長にいいことはありません。母乳育児ができない場合でも、赤ちゃんが努力しないとミルクが出てこない哺乳瓶の乳首も市販されていますので、それらを使うようにしてください。

乳歯は生後6カ月頃から生え初め、3才頃に上下で10本づつの乳歯列が完成されます。この時期によく顎を鍛えることが、将来の歯並びや噛み合わせをよいものにする必要条件となるのです。歯並びが乱れるもうひとつの大きな原因は、乳歯の虫歯とその治療の仕方です。

乳歯は、歯と歯が隣り合っている箇所が虫歯になりやすいのです。虫歯で歯が崩壊すると歯が前方に移動していまいます。全ての乳歯の下には、永久歯が控えていますので、永久歯も一緒に移動してしまい、その後生えてくる永久歯の歯並びも乱れてしまうのです。

子供の虫歯予防も歯磨ばかりに目が行きがちですが、食事やおやつの与え方のほうに問題があるように思います。一旦ものを食べた後の2、3時間は、お茶や水以外のものは口にしないことが虫歯予防にも効果があります。四六時中ごはんやお菓子、ジュース類が口の中にあることは絶対にさけましょう。

こんなお店をみかけました。


モーハウス / 授乳服専門ショップ いつでもどこでも快適母乳生活


PAGE TOP