危ない睡眠時ブラキシズム・歯の摩耗や顎関節障害

「危ない睡眠時ブラキシズム・歯の摩耗や顎関節障害・悪影響を最小限に」のニュース。

”睡眠の最中、無意識に歯をこすり合わせて「ガリガリ」「ボリボリ」と耳障りな音を発する「歯ぎしり」。音は立てないものの、強い力で歯をかみしめてしまう「食いしばり」と合わせ、「睡眠時ブラキシズム」と呼ばれる。一緒に寝ている人の安眠を妨げるだけでなく、歯の摩耗や折損、顎の関節の障害など重大なトラブルを引き起こす”

でも、寝てる間だけじゃないんです。

今までも度々指摘していますが、噛み締めや食いしばりは昼間も無意識にしている人が多いのです。

寝ている間の予防はなかなか難しいですが、昼間の噛み締めや食いしばり対策には「咀嚼筋マッサージ」や「わりばし法」が有効です。

歯や顎関節を守るだけでなく、頭痛がとれたり、首や肩のコリがとれたりなど驚くような効果が得られる事もあります。

わりばし法の体験談をまとめたものはこちら↓です。


PAGE TOP