『食欲をコントロールできる技」中間報告

フランスパンJPG 先日放送のNHK「ためしてガッテン」で紹介された「食べ過ぎを押さえる物質ヒスタミン」

↓↓ 『そのヒスタミンを脳内だけで増やす方法が「よく噛(か)む」ことです。ひとくち30回を目指す「咀嚼(そしゃく)法」をお勧めします。』

ひとくち30回はかなり前に少しだけやった事があったのですが、ごはんを口に入れて30回数えるのに集中しなければいけないので、会話しながらでは難しく、すぐに止めてしまいました。

しかし、今回は意を決して始めて見ました。ほぼ3週間が経ちました。
ひとくち30回は思いの外早く癖になりました。口に何か入れたら1.2.3.とカウント始めると2、3日で癖になり、今では条件反射的に数えるようになっています。

30回噛むこと自体は難しい事ではありませんが、それまでの早食いの癖があり、私の場合は平均15回くらい噛むと飲み込むように咀嚼パターンができあがっていました。その15回の壁を乗り越えると意外に身に付くのは早かったです。

そして、いろいろ解って来ました。軟らかいもの(例:カレーライス)を30回噛むまで飲み込まないのはやっかいです。途中で何度も飲み込みたくなります。硬めのもの(フランスパンのサンドイッチ)は自然に30回以上噛めます。つまり、ひとくち30回を意識しないと、カレーは15回で飲み込んでしまい、フランスパンなどの硬い食べ物は紅茶などの水分と一緒にやはり15回くらいで飲み込んでしまいます。

子供の好きなものは軟らかいものばかり。水やジュースと一緒の食事。どうりで噛まなくなる訳だと合点がいきました。

『どんな硬さの食べ物でも30回数える』ことがポイントです。

当たり前ですが、食事時間は確実に延びます。昼食のお弁当が10分で済んでいたのが、倍はかかるようになりました。以前は食べ終えてからやってきた満腹感が、食事の後半で感じられるようになってきています。

他にも、食べ物の種類やメニューでの違いで感じる歯触りや顎の動きなど、面白い発見の毎日ですが、それは後日報告します。

ただ、生魚は30回噛むと酷いものがあります。お刺身は美味しいうちに飲み込むようにしています。これだけは先に報告しておきます。


PAGE TOP