歯科治療でうつ病が治る??

↓「うつ治療を問う(5)針で回復 診断は本当か」読売新聞3/1の医療ルネサンスの記事です。

考えさせられる記事です。専門医以外の医師が抗うつ剤などを安易に処方することが問題になっていますが、その弊害ではないでしょうか?

うつ病と診断された人が、針や歯科治療を受けた結果、酷い頭痛や身体の凝りがとれ、心身がリラックスし、うつ病の薬が不要になるケースが増えていると記事は伝えています。

針や歯科治療が直接うつ病に作用するとは考えづらいですから、うつ病との診断はやはり誤診でしょう。

成人の歯列矯正などに多いのですが、噛み合わせが狂い身体のつらい変調が続き、不眠、パニックなどの症状で心療内科や精神科を受診する方はいます。歯列矯正などが原因と特定出来れば歯科的なアプローチでつらい症状が改善される事はよくあることです。(拙著でも実例は報告しています。)

しかし、噛み合わせなど歯に問題があると自覚しない場合、同じような身体の症状があれば、それに対応する科目を受診してしまい、間違った投薬などで却って症状が悪化する事もあります。原因療法をしない限り完治は望めません。

うつ病は専門医を受診する事が大切だと思います。


PAGE TOP