「すぐ慣れます」は危険信号

歯に詰め物や被せ物をしたことのある人なら誰でも、何かしらの違和感を覚えたことがあるのではないでしょうか?

「ちょっと高いな」とか、「ちょっときついな」あるいは「低くて噛み合った感じがしない」などの違和感。そしてその事を歯科医に訴えると、「大丈夫すぐ慣れますよ。」と決まり文句が返ってきます。

この決まり文句がくせ者なのです。

実際、初めのうちこそ、「なんか変だな」という感じだったのが、何日か経つうちに違和感を感じなくなってしまうことが多く、これを称して「慣れた」というわけです。

しかしこれは、違和感のある噛み合わせに、咀嚼システムが順応し変化した事を意味します。。この無理矢理の変化が歯や顎、身体に良い訳がありません。

特に噛み合わせの調整を診療台に寝たままの姿勢で行うと、違和感が出やすいのです。寝た姿勢と起きた姿勢では、顎の位置が微妙に違います。

この微妙な違いを是正しないまま「すぐ慣れます」は身体にとって危険信号なのです。逆に言うと、詰め物や被せ物、入れ歯など噛み合わせの調整を必ず起きた姿勢でチェックするのが、噛み合わせの怖さを解っている歯医者です。


PAGE TOP