そうだったのか「千の風になって」

今日は歯の話ではないのですが、個人的に目からウロコの話だったもので。

今まで知らなかったのですが、あるツイッターから大ヒットした「千の風になって」にまつわるかなり気になる情報に行き当たりました。

あくまでも個人的な感想ですが、初めてこの歌を聞いた時、すでに広く知られているこの詩にメロディをつけ、それを発売するのは、まずいんじゃないかと思ってのです。(個人的に楽しむのは勝手ですがね。)

その直感は正しかったようです。

昨日↓のブログで知ったことですが、
「あれは読む詩であって、曲をつけてみんなで歌うなんて気持ち悪い。」と
永六輔さんも言っていたのですね。

それにしても、結構酷い顛末なんです。なんだかとても残念。

詳しくはこちらをどうぞ(遡って読んで下さいね。)
http://blog.greetings.jp/?eid=141


PAGE TOP