噛みしめと歯ぎしり

遅かれ早かれ、「噛みしめ」が噛み合わせバランスを崩す大きな問題として注目されてくると思います。

噛みしめは文字どおり歯を噛みしめることです。噛み合わせば上と下の歯がピッタリ合った状態ですが、歯と歯が合うことで、それ以上の力が加わらないしくみが噛むシステムには備わっています。ところが、さらに強く噛み合わせの力を加えてしまうのが噛みしめです。歯ぎしりも噛みしめの仲間です。

噛みしめや歯ぎしりを改善しないでいると歯や歯茎を痛めて、噛み合わせパランスが狂う原因となります。入れ歯をしている場合は、夕方になると歯茎に灼熱感を覚え、入れ歯を外さずにはいられない、というととになります。

多くの人は無意識のうちに睡眠中に多少の噛みしめをしていますが、昼間に噛みしめを自覚するようになると対策が必要になります。


PAGE TOP