チューインガムのすすめ

やわらかい食べ物が大好きな「噛まない生活」を続けていれば、近い将来、まともに噛むことができない日本人ばかりとなってしまうことでしょう。

歯の健康は国の未来を左右するといってもいいすぎではないと思います。

チューインガムを人前で噛むととに抵抗を覚える人もいるようですが、私はガムを積極的に活用するべきだと考えています。大人も子どももガム(ノンシュガーのもの)を積極的に活用して「噛む生活」を実行したいものです。

子どもたちが必ず噛まなければいけない時聞を作ることも一つの方法ではないかと思います。「顎の時間」を設けて、保育園、幼稚園、小・中学校などで1日10分でもスルメや硬めのガムを噛むようにしたいものです。

ガムを噛むときは口を閉じ、左側で数回、右側で数回というように、左右の歯でバランスよく噛むようにしましょう。


PAGE TOP