心の不調も改善する特効薬

「顔に出てしまう」といわれるように、顔は心の状態を映す鏡にたとえることができます。ストレスや不安にさいなまれると気持ちが沈み、心も体もこわばってしまいます。

体のこわばりは顔の表情を演出する表情筋という筋肉までこわばらせ、精彩を欠いた表情となるのです。

じつは顔の表情筋と噛むシステムの筋肉(咀嚼筋)は1枚の筋膜を隔てるだけのお隣同士の筋肉です。よく噛んで表情筋をよく働かせると、それにつれて顔の表情筋もよく動いて生き生きとしてきます。

表情筋のこわばりがとれて顔の表情が豊かになるにつれて、心のこわばりもほぐれていくことでしょう。顔や肌の色つやもよくなり、自も輝きを増します。

心の不調を招くストレスや不安は、噛み合わせバランスを狂わせる「噛みしめ」の原因ともなります。心と噛むととの密接な関係がわかります。


PAGE TOP