歯列矯正なんかやらなかった

歯並びと噛み合わせを混同しがちですが、実は違うのです。歯並びが悪くても、その人個有の噛み合わせなら機能上は支障がないのです。

特に矯正医はキレイに歯を並べる事に固執して、大切な「咬合」を理解していません。

ですから、歯並びだけにこだわった歯列矯正をして、見た目の歯並びはきれいになったけれど噛み合わせが狂ってしまい身体の調子がおかしくなったり病気になってしまう人が、引きも切らず私たちのところを訪れているのです。

適応できる範囲の変化ならいいですが、その変化を受け入れる側の適応力は様々です。
もちろん矯正をしても大丈夫な人もいます。しかし、すべてはその人の潜在的な適応力に依存していて、その適応力を測る方法がないのですから、大きな変化を与えてしまうのは危険です。

「こんなに体調が悪くなることを知っていたら、歯列矯正なんかやらなかった。元の歯並びでよかった」

何度この言葉を聞いたかわかりません。


PAGE TOP